Home BLOG リメイクで表現する、しもつかれの勿体無い精神。

リメイクで表現する、しもつかれの勿体無い精神。

by クロ
しもつかれ勿体無い精神リメイク

捨てずに生かす。食べ物も、服も。

しもつかれブランド会議代表の青栁です。

宇都宮のアパレルブランド「SONAR」さんにお願いをして、服をアレンジしてもらいました。

最近僕は和装ぽい格好をしているんですが、それを見た知人がクローゼットでデッドストック化していた「はっぴ」のようなものをプレゼントしてくれて。

黒は好みなので良かったものの、シンプルすぎて下手をすれば野暮ったくなる。「どう着こなそうか」を迷っていました。

そこで、古くなって捨てようと考えていたTシャツなど使いアレンジしたらどうかと閃き、SONARさんに相談です。

しもつかれ勿体無い精神リメイク
しもつかれ勿体無い精神リメイク

この時僕は、素材となる着古された服のみを渡すだけで、デザインに関する要望は出しませんでした。

自分で考える時もありますが、今回は自分の感覚外、想定外のデザインを楽しみたいなと。

結果は僕の想定の斜め上を行く、面白いものをご提案いただきました。

さすがプロですね。

リメイクというのは「手段」であって、生かすか殺すかは信頼関係なんだなと。

多分僕はSONARの二人から生み出されてたものであれば、どんなものでも受け入れていました。

それは「なんでも良い」というのではなく、彼らに任せたから、そこから生まれたものが彼らの価値観的に良いというものなんだろうということを、僕自身が許容すること。

それって信頼がないと無理ですよね。

誰にアレンジしてもらうか、誰にリメイクしてもらうか。

それこそが、モノとヒトの関係性を結び直す「リメイク」なんじゃないかと思いました。

 

SONARの二人に依頼すれば、素晴らしいアレンジ作品となって返ってくるのでおすすめです。

僕もこれからの人生、リメイクを楽しみたいと思います。

それこそが、しもつかれの「サステナブル精神」そのものだから。

 

information:

SONAR:https://sonar.stores.jp/

しもつかれ勿体無い精神リメイク
しもつかれ勿体無い精神リメイク
0 コメント
2

related articles

Leave a Comment